ドリームズ・21stとは

ドリームズ・21stの理念

障がい児の生徒さまに「学ぶ楽しさ、働く喜び、生きる素晴らしさ」を伝えることを最大の目的とする

ドリームズ・21stの目標

  • ① コミュニケーション能力と社会通念・道徳を学び身に付ける
      (SST:ソーシャル・スキル・トレーニング)
  • ② 基礎学力の定着
  • ③ 就労のための学習と能力開発トレーニングの実践

 

就労実績

  • ● 2014年4月 県内大手総合食品メーカーに就職
  • ● 2015年4月 県内最大の某地方銀行に就職

弊社直営のパソコン教室に3年間通っていただいた支援学校の生徒さまお二人が、2年連続で大手企業へ就職されました。
お二人とも高いパソコン操作技能とパソコン資格取得を認められての就職でした。
ドリームズ・21stでは、直営のパソコン教室と同じレッスン内容を提供します。
パソコンのスキルアップとそれを証明するためのパソコン資格取得を目指します。

“放課後等デイサービス”とは?

平成24年4月に児童福祉法の改正によって創設された厚生労働省の事業です。
学校就学中(小学生~高校生)の障がい児に対して、放課後や夏休み等の長期休暇中において、
生活能力向上のための訓練等を継続的に行います。
学校教育と相まって障がい児の自立を促進するとともに、放課後等の居場所づくりを推進します。
利用に際しては、市町が発行する「受給者証」が必要です。医師の診断書も基本的に不要です。
そのため、軽度な障がい児も気軽に利用できます。
その上、自己負担が10%(公的負担が90%)と低額なので安心して利用できます。
※ほとんどのご家庭が月額上限金額の4,600円(1ヶ月)以内でご利用になれます。

障がい児の生徒さま、私たちといっしょに『学習機会』を増やし『能力開発トレーニング』を開始しましょう
体験・説明会のお申し込み・お問い合わせはこちらから